都庁幹部が悠々自適の「天下り就職リスト」

社会週刊新潮 2016年9月29日号掲載

 石原慎太郎・元都知事

「地下コンクリートは、(中央卸売)市場長の提案だ」

 比留間英人・元市場長

「提案していません。石原氏の方から指示があった」

 かつての上司の主張に異を唱え、遂には発言訂正に追い込んだ比留間氏。港湾局長や総務局長を歴任し、東京都教育委員会教育長を経て、現在は東京メトロの副会長というから、華麗な経歴と言う他ない。

 もっとも市場長は局長級ポストで、豊洲移転案件を統括する職責を担う。今日の混乱について何ら反省の弁もなく、悠々自適の天下り生活を謳歌していることには、釈然としないものを感じなくもない。

...

記事全文を読む