デイリー新潮

社会

連続する少年殺害事件、子どもを被害に遭わせない「古典的だが有効なルール」とは

■少年はなぜ深夜に徘徊するのか

 埼玉県東松山市の少年殺害事件の報道を見て、昨年の神奈川県川崎市で起きた中1男子殺害事件を想起した方も多いことだろう。どちらも1人の少年を、「仲間」だったはずの少年たちが集団で殺害をしている点も含めて、いくつか共通点がある。

 その一つが発生時刻。

...

記事全文を読む

  • 2016年9月13日 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事