夏目三久と有吉弘行“妊娠結婚”の裏事情 スクープ報道をひねり潰した「芸能界のドン」

芸能週刊新潮 2016年9月8日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「日刊スポーツ」が報じた、夏目三久(32)と有吉弘行(42)の交際妊娠報道。9月1日発売の「週刊新潮」では、騒動の真相と、スクープを潰した“芸能界のドン”の存在について特集する。

 ***
 
「日刊スポーツ」が〈夏目三久アナと有吉熱愛! すでに妊娠 番組きっかけ〉と1面トップで報じたのは、8月24日付けの紙面である。これに怒りを抑えられなかったのが、夏目が所属する田辺エージェンシーの田邊昭知社長(77)だ。SMAP解散騒動でもその名が取り沙汰された。

 この報道を受け、田邊社長はテレビ各局の担当者に対し、「日刊の記事には1秒も触れるな」と厳命。結果、熱愛はなかったことにされた。

夏目三久

 芸能担当記者によると、報道の発端は今年1月、夏目が『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)を降板するとの情報が流れたことだった。

「確かに、夏目が番組を去ることになったのは、有吉との交際が原因です。その前後に夏目は田邊さんと面談し、“有吉さんと結婚してゆくゆくは子供を産みたい”と伝えました――」

 ***

 9月1日発売の「週刊新潮」では、2人の交際の詳細と共に、芸能界を牛耳る“ドン”の素顔について掲載する。