ケンブリッジ飛鳥を「チーム・ボルト」に導いた日本人女性

スポーツ週刊新潮 2016年8月25日秋風月増大号掲載

〈人生とは、真の自分を見つける旅路である。それに失敗したなら、他に何を見つけても意味はない〉――。米国の作家、ジェームズ・ミッチェナーの旅をめぐる格言だ。隆々と盛り上がる大胸筋と強い体幹。茶褐色に光り輝く上腕筋にハムストリング。彼にあるべき自分の姿を発見させ、未知の領域に達する“武器”を与えたのもまた、父の祖国への旅だった。その裏にはジャマイカ在住の日本人女性の助力があったという。

 ***

 8月14日(日本時間)に行われたリオ五輪陸上男子100メートルの予選。

...

記事全文を読む