往時20歳の最年少職員が語る 東京五輪「国旗」物語〈オリンピック・トリビア! 拡大版〉――吹浦忠正(国旗と儀典の専門家)

スポーツ週刊新潮 2016年8月11・18日夏季特大号掲載

 8月21日まで開かれたリオ五輪。東京大会へのカウントダウンも始まった。開催準備に当たっては既にトラブルが相次いでいるが、先人たちの精神は生かされているのか。1964年大会に最年少職員として関わった吹浦忠正氏が「国旗」にまつわる秘話を明かす。

 ***

 あれは3軒目の飲み屋を出た時だったでしょうか。東京五輪の開会式が行われる1964年10月10日。時刻は午前3時近かったと思います。夜空を見上げると、雨が上がって嘘のような満天の星。「天の恵み」に、私は思わず身震いしました。

...

記事全文を読む