ポツダム宣言に「日本の戦争は間違い」とは書いていない 新聞が書かない歴史の真実

社会 2016年8月25日掲載

■首相は歴史を知らない?

 8月15日の終戦記念日に開催された「全国戦没者追悼式」を報じる新聞、テレビのニュースでは天皇陛下のお言葉が大きく取り上げられると共に、安倍晋三首相の式辞もまた注目された。安倍政権に対して批判的なメディアは、首相が「加害と反省」を述べなかったことについて批判的なトーンで取り上げている。

 安倍政権の誕生以降、首相の戦争についての「認識」が問題とされることは少なくない。中でも大きな話題となったのは、「安倍首相はポツダム宣言を読んでいなかった」というニュースだろう。

...

記事全文を読む