高島屋、ホーチミンにオープン “デパ地下文化の輸出”狙い

国際週刊新潮 2016年8月11・18日夏季特大号掲載

 英シンクタンクが先ごろ発表した今年の「地球幸福度指数」で5位。日本の58位が仰ぎ見るアジア最高位はベトナムだった。

 前回2012年の調査では2位――考えてみれば日本の平均年齢が約46歳に対してベトナムは29・6歳。国が若く活気がある一方、平均寿命も73歳と長い。その上、人口も9000万人を超えるとなればその姿は高度成長期の日本にぴたりと重なる。経済成長率も15年以上、5%を下回ったことがないという優等生ぶりで、消費市場として世界から注目を浴びるのも無理のないところだ。

...

記事全文を読む