デイリー新潮

企業・業界

「シン・ゴジラ」ヒットで“誘致活動”が活発化? 過去作にみる「わが町を破壊して」の声

■宮崎駿ものけ反った『ゴジラ』

 公開直後から絶賛の声があがっている『シン・ゴジラ』(庵野秀明総監督・東宝系)。興業的にも成功を収めていることから、早くも続編を期待する声も飛び出しているようだが、その可能性はあるのだろうか。あるとすれば、どんな内容になるのか。

 もちろん現時点では続編はファンの夢に過ぎないだろうが、予想するにあたっては、オリジナルの『ゴジラ』(1954年公開 本多猪四郎監督/円谷英二特撮)の続編がどんなものだったのかを学習するのもいいかもしれない。

...

記事全文を読む

  • 2016年8月16日 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事