「大分鶏にいた丼」「コンコンコロッケ」全国の個性的な給食の数々…“甲子園”開催も 豪華すぎる学校給食のメニュー一覧(3)

社会週刊新潮 2016年7月14日号掲載

 かつては不味い食事の代名詞のように言われていた学校給食が、今、劇的なまでに美味しくなっているという。例えば、日本一美味しい給食を目指す東京都足立区では、区の特産の小松菜を使った「こまつなのキーマカレー」やインド料理の「足立なサモサ」などのメニューを提供。つかう出汁はすべて天然ものだとか。ノンフィクション・ライターの白石新が紹介する、現代っ子の給食事情――。

 ***

 もちろん、このような美味しい学校給食は、足立区ばかりのものではない。先に述べた横浜市の例(2を参照)をはじめとして、全国に個性的で美味しい給食メニューが続々登場している。

...

記事全文を読む