【リオ五輪】重量挙げ「八木かなえ」 “脚”で体操選手の道を絶った過去

スポーツ週刊新潮 2016年8月4日号掲載

 怪力自慢にも見える重量挙げは、実際は肉体の強靭さとしなやかさが必要な奥深い競技。53キロ級の代表として、リオで2度目の五輪挑戦を果たすのが八木かなえ(24)だ。中学時代は全国レベルの体操選手だったが、故障を機にその道を断念。それこそ、まさに「ケガの功名」だった。

 ***

「初めて体操を教えた時から“この子は選手として大成する”と思っていました。センスが良い上に脚力が強いのが特徴でしたね」

 と言うのは、八木が5歳の時から体操を指導した、神戸ジュニア体操クラブの川端京子コーチ(49)だ。

...

記事全文を読む