【リオ五輪】フェアリージャパン畠山愛理が慕う「フロア上の母」

スポーツ週刊新潮 2016年8月4日号掲載

 どん底まで落ちた日本の新体操を立ち直らせたのは、かつて統一教会問題を起こした、山崎浩子強化本部長(56)である。代表団体チーム「フェアリージャパン」のメンバーと寝食を共にし、指導を行ってきた。リーダー格の畠山愛理(21)は、「お母さんみたいな存在」だと慕っているという。

 ***
 2004年開催のアテネ五輪で、新体操は出場権を逃し、低迷期に突入。そこで、強化本部長を引き受けたのが、“新体操の元女王”だった。

 新体操を専門に取材する、スポーツジャーナリストによれば、

...

記事全文を読む