6000人拘束「トルコ」クーデタ、“大統領の自作自演”説も

国際週刊新潮 2016年7月28日号掲載

 7月15日夜10時半、トルコの最大都市イスタンブール。ボスポラス海峡に架かる2つの大橋を軍車輌が封鎖した。同じ頃、国営テレビのアナウンサーが青ざめながら“平和評議会”を名乗る組織の声明を読み上げた。曰く、「軍が国の全権を掌握した」。クーデタ発生だ。

「このときエルドアン大統領はトルコ南西部の保養地で静養中。スマートフォンの画面を通じて“国民の力より強い力はない。通りに出よう”と呼びかけ、呼応した大統領支持派を中心に市民が首都アンカラやイスタンブールの街に飛び出しました。

...

記事全文を読む