目黒バラバラ殺人 “室内に血痕なし”の警察発表は時間稼ぎだった

社会週刊新潮 2016年7月21日参院選増大号掲載

 室内に何ら殺害の痕跡も残さず、防犯カメラにも姿を映さない。当初、ミステリー小説のようでさえあった、「目黒・女性バラバラ事件」。遺体発見から約2週間が経ち、容疑者逮捕の急展開を迎えてみると……。

 7月9日、東京・目黒区の公園の池に阿部祝子(ときこ)さん(88)の遺体を遺棄した容疑で捕まったのは、近所に住む無職の池田徳信(やすのぶ)(28)。

 社会部記者によると、

「阿部さんが自室のあるマンション3階のエレベーター前で親族と別れたのが6月19日午後8時頃。

...

記事全文を読む