共産党、衆でも民進と協力か 躍進の功労者は不破前議長

政治週刊新潮 2016年7月21日参院選増大号掲載

 齢八十六のマルクス主義者は、ニンマリしたであろう。改選3から6議席と躍進した日本共産党。10年前に同党の議長を退いた不破哲三氏は、今回の選挙戦で3度も応援演説を行ったのだ。もっとも演説内容は、時代錯誤そのもの。次の衆院選でも“民共協力”を進めたいようだが……。

 ***

 共産党は、マスコミの情勢調査では10議席程度取ると見られていた。が、フタを開けてみれば6議席。それでも志位委員長は、10日の会見で野党共闘について、

「32ある1人区のうち、11の選挙区で勝利を収めた。

...

記事全文を読む