糞尿800トンを隣のゴルフ場に不法投棄 養豚場従業員を逮捕

社会週刊新潮 2016年7月14日号掲載

 ジカ熱をはじめ、衛生環境の悪さを理由に、リオ五輪への出場辞退を発表したゴルフの松山英樹。彼がこれを知ったら何と言うか。

 千葉県の養豚会社「(株)ヒラノ」の従業員4人が、廃棄物処理法違反(投棄禁止)の容疑で栃木県警大田原署に逮捕されたのは、今月4日のこと。大田原にある支店の養豚場から、隣のゴルフ場の森に、豚の糞尿を捨てていたというのだ。その量、なんと800トン。

 県警担当記者によれば、

「4人は共謀して、昨年9月上旬から12月上旬にかけて、犯行に及んでいました。

...

記事全文を読む