麻央の病状を伏せながら…海老蔵が見せた演技に「肝が据わっていて、別格でした」

芸能週刊新潮 2016年6月23日号掲載

 市川海老蔵(38)が記者会見で、妻・小林麻央(33)の進行性乳がんを打ち明けたのは、去る6月9日のことである。診断から1年8カ月、すなわち600日が経過していた。

 ***

 成田屋の関係者が明かすには、

「麻央の看病、4歳の長女・麗禾(れいか)ちゃんと3歳になる長男・勸玄(かんげん)くんの送迎や“お相手”などは麻央の母親と姉の麻耶が担当。逆に、海老蔵の仕事周辺のサポートは彼の母である希実子さんが受け持ってきました」

 姉の麻耶(36)は、テレビとラジオを合わせて5本のレギュラー番組を持つ売れっ子だった。

...

記事全文を読む