東京ディズニーリゾートが立たされる苦境…USJ、ハウステンボスの来園者増の陰で

社会 2016年6月22日掲載

 6月1日に東京ディズニーセレブレーションホテルが開業し、シーでは開園15周年イベントが大々的に開催中。そんな現状を見れば、東京ディズニーリゾート(TDR)の経営は順調のように思える。

 が、そんなTDRが抱える問題を、法政大学経営大学院教授の小川孔輔氏が「新潮45」6月号掲載の『東京ディズニーリゾートを蝕む異変』で指摘している。

 ***

 2013年度に3130万人を記録したTDRの入場者数は、翌年度に3138万人へ微増したのち、昨年度は3019万人に大きく減少した。

...

記事全文を読む