デイリー新潮

社会

「若い頃から左翼が嫌いでした」 百田尚樹氏インタビュー①

■マスコミが黙殺

 百田尚樹氏が、日本の政治状況やマスコミを痛烈に風刺した『カエルの楽園』は発売から3ヶ月で20万部を突破するベストセラーとなり、現在もランキングの上位に位置している。その割には「著者インタビューの申し込みが来ない」と百田氏が嘆いているとのことなので、作品や最近のニュースについて話を聞いてみた。

...

記事全文を読む

  • 2016年6月10日 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事