デビュー30周年の武豊 米三大クラシックへの挑戦

スポーツ週刊新潮 2016年6月2日号掲載

 この5月29日に行われた日本ダービー。これまで5度の勝ち鞍を誇る“ダービー男”武豊(47)も、もちろん騎乗した。

 レース前の下馬評では、

「武が乗るエアスピネルは実力馬ですが、その上をいくディーマジェスティやマカヒキは史上最高と謳われるほどハイレベルで、エアスピネルは4、5番人気に落ち着くでしょう」

 そんな競馬担当記者の読み通り、結果は4着に終わった。が、実はこのシーズン、武がなにより夢中になっているのは、米クラシックレースへの挑戦である。

 競馬ジャーナリストの片山良三氏が解説する。

...

記事全文を読む