舛添都知事の「不適切な会見」で見えた新たなテクニック 梶原しげるさんの分析

政治 2016年5月25日掲載

■止まない批判

 頭を下げる時間も回数も増えた。

 口調も柔らかくなった。

 それでも舛添要一都知事への批判は止まない。20日に開かれた会見では「第三者」を連発したことが不興を買っている。

 もっとも、報道陣が舛添氏を攻めきれなかったというのもまた事実だろう。会見では決定的な事実や発言を引き出すことができていない。

 なぜそうなるのか。

 新著『不適切な日本語』を刊行したばかりのフリーアナウンサーの梶原しげるさんに、「なぜ都知事会見は不適切な結果になるのか」を分析してもらったところ、都知事の新たな「テクニック」が判明した。

...

記事全文を読む