「新ゲーム機」の開発費捻出のため? 任天堂の「マリナーズ」売却

企業・業界週刊新潮 2016年5月19日菖蒲月増大号掲載

 ニンテンドーDSやWiiなど革新的なゲーム機を次々に発売し、世界中のファンを魅了してきた任天堂が、ここ数年ほどは苦境から抜け出せずにいる。大手紙経済部記者が言う。

「4月27日に開かれた決算説明会によると、16年3月期の売上高は5044億円で7年連続の減収。ピークは09年3月期で、売上高は1兆8386億円でした」

 なぜここまで落ち込んでしまったのか。ITジャーナリストの井上トシユキ氏が解説する。

「2011年頃からアジアでiPhoneが爆発的に普及して以降、ゲームはスマホでプレイするのが主流になりましたが、任天堂はゲーム機に拘り、昨年までスマホに参戦してこなかった。

...

記事全文を読む