「死刑囚の告白」殺人 所轄署長が怠慢を認めた 「連絡したけど繋がらなかった」?!

社会週刊新潮 2016年5月5・12日ゴールデンウイーク特大号掲載

 今年2月より「週刊新潮」が報じてきた、前橋スナック銃乱射事件(2003年発生)の首謀者・矢野治死刑囚(67)の手紙に基づく“闇から闇に葬られていた殺人事件”特集。捜索によって、4月19日に神奈川県・伊勢原市の山中から不動産業者の津川静夫さん(失踪時60歳)の遺体が発見され、矢野の告白が真実であることが証明された。編集部は、手紙にあった遺体遺棄役の結城実氏(仮名)と接触し、説得の末、遺棄の経緯・場所の証言を引き出している。が、編集部と同時に、矢野からの告白の書を受け取っていた警視庁目白警察署・渋谷警察署はこれを放置していたのだ。

...

記事全文を読む