デイリー新潮

政治

【熊本地震】湯河原にいた“熊本藩主”細川元首相 松野頼久は水を配れず

現在発売中

週刊新潮 2017年5月25日号 
2017/5/18発売

ネット書店で購入する

 大地の凄まじい揺れに民衆が襲われても、“殿”のお姿はお見かけしなかった。実はちょうどそのとき、細川護煕元総理(78)は、神奈川県湯河原の別邸で、来客を迎えていた。一方、かつて、その秘書を務めていた松野頼久代議士(55)は、被災者のためにミネラルウォーターを調達したものの、配ることができなかったという。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年4月28日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事