セブン&アイ会長の辞任表明の背景にあった「怪文書騒動」と「情報漏洩」

企業・業界週刊新潮 2016年4月21日号掲載

 4月7日に開かれた「セブン&アイ・ホールディングス」の取締役会では、“流通の神様”鈴木敏文会長(83)の主導の下、「セブン‐イレブン・ジャパン」の井阪隆一社長(58)を交代させる人事案が提案された。無記名にて行われた投票の結果、賛成7票、反対6票、棄権2票で人事案は否決。井阪社長はもちろん、創業者の伊藤雅俊名誉会長(91)の次男・順朗取締役(57)も「反対」に回ったとされる一方、鈴木会長とその次男の康弘取締役(51)が「賛成」したと言われている。伊藤家と鈴木家の対立構図が透けて見えたこの取締役会後、鈴木会長は「オレは辞める。

...

記事全文を読む