デイリー新潮

アート

嵐・大野くんが最も敬愛するアーティスト 伊藤若冲ってどんな人?

 嵐のリーダーを務める大野智は、絵画やオブジェを制作するアーティストとしての一面を持つことでも知られている。現代美術家の奈良美智氏などとも親しい彼が、「最も敬愛する絵師」とリスペクトしてやまないのが、江戸中期に活躍した京都の絵師・伊藤若冲(1716~1800)だ。

 友人から若冲の画集を贈られたことがきっかけで若冲にハマったという大野が特に好きなのが、細緻をきわめる超絶技巧でニワトリや鸚鵡などのさまざまな動植物を描いた全30幅の《動植綵絵》(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)だ。

...

記事全文を読む

  • 2016年4月21日 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事