月刊誌「WiLL」名物編集長がクビになった無謀な移籍に業界ビックリ!

社会週刊新潮 2016年3月31日号掲載

〈ひさかたの 光のどけき春の日に しづ心なく 花の散るらむ〉(紀友則)

 麗らかな陽射しに心ざわめかせるのは桜だけでなく、目下、出版業界が騒然となりそうな事態が進んでいる。10年以上にわたり月刊誌「WiLL」(ワック社)の編集長を務めてきた、あの花田紀凱(かずよし)氏(73)が、無謀な独立話を推し進めた結果、解任されたのだ。

 ***

 花田氏といえば、業界最年長の名物編集者である。88年に「週刊文春」の編集長に就任すると、東京・綾瀬の女子高生コンクリート詰め殺人事件で加害少年の実名報道に踏み切るなど、タカ派スキャンダリズムを掲げて活躍。

...

記事全文を読む