「蓮池薫さん」が語った「北朝鮮の拉致解決にまだ打つ手はある」

韓国・北朝鮮週刊新潮 2016年3月17日号掲載

 北朝鮮に拉致され、24年の間、かの国で過ごした蓮池薫さん(58)は、ある意味、北や金正恩第一書記の考え方を最も熟知する日本人と言える。北のミサイル発射で、振り出しに戻った日朝外務省局長級会議、そして最大の懸案事項である拉致問題について、今後、日本はどう臨むべきか。蓮池さんに聞いた。

 ***

...

記事全文を読む