自民党は高みの見物 トホホな「民維」新党名選考

政治週刊新潮 2016年3月17日号掲載

「ブーメラン党」「七転八党」「挑戦労働党」――。

 3月4日から3日間、公募された民主と維新の「新・党名」は世間のお笑い草となったが、当事者たちは必死である。

「約70人いる落選中の次期衆院選公認内定者に、1人につき200万円の臨時手当を出すことになりました」

 とは、民主党関係者。

「党名の問題は『民主』の名称を残すかどうかの一点に集約されますが、いずれにせよ、現状通りの『民主党』になる可能性は極めて低い。そうなると、ポスターの刷り直しや貼り換えばかりか、既に刷ってあるビラを党名が変わるまでに配ることも必要になってくるので、先ずは懐が寂しい落選組に支給することになったんです」

...

記事全文を読む