相撲協会外部理事に殺害予告 「八角に投票しないと殺すぞ」

社会週刊新潮 2016年3月17日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 八角親方(52)と貴乃花親方(43)が理事長の座を争うと目されている相撲協会理事長選挙。3月28日の選出を前に、外部理事に対する殺害予告があったと「週刊新潮」3月10日発売号が報じている。

 ***

 殺害予告があったのは2月8日午前11時半。ある外部理事の元へ右翼を名乗る男から電話があり、「(理事長選で)八角に投票しないと殺すぞ」と脅迫されたのだ。既に警察に被害状況を通報しているという。

 脅迫された人物とは別の外部理事・宗像紀夫氏(74)が、「週刊新潮」の取材に応じ、この件について語った。

「殺害予告の話は私の耳にも入っています。『殺すぞ』とはっきり言っているわけですから重大な事件です」

現理事長である八角親方(52)

 さらに宗像氏はインタビューの中で、現理事長である八角親方の協会“私物化”を指摘。自らの息がかかった元年寄を評議員に押し込もうとしたほか、理事会の事前の承認を得ずに、弁護士や公認会計士と契約を結んだという。

「そもそも相撲協会では、反社会勢力の問題に強い弁護士事務所に顧問をお願いしており、そこには弁護士が10人以上もいる。だから、新しい弁護士と顧問契約を交わす必要などないはずなのです」(宗像氏)

両国国技館


 新たに契約した顧問弁護士の時給は3万円、公認会計士は2万円。これについて、“報酬が高すぎる”との声が協会内部で上がっている。

「雇う必要もないのに自分の知り合いを雇い、そこに協会が損害を被るような形で資金が流れていれば、これは『背任的行為』になります。しかも、相撲協会は民間企業ではなく、公益財団法人。尚更財産はきちんと管理されなければなりません」(宗像氏)

 相撲協会に不穏な空気が漂う中、3月13日には春場所が始まる。

 ***

「週刊新潮」3月10日発売号では、八角親方の理事長就任が決まった昨年12月の理事会での不自然な経緯や、就任後に変更された協会の資産運用法についても掲載している。