デイリー新潮

社会

百田尚樹 問題発言から改心に至る「小説家ならではのアプローチがあるんじゃないか」

 大ベストセラー『永遠の0』でデビューしてから今年で10年。スポーツ小説(『ボックス!』)、歴史経済小説(『海賊とよばれた男』)、時代小説(『影法師』)……等々、常に異なるジャンルの小説を書き続けてきた作家・百田尚樹氏が、今回新たに挑んだのは「寓話小説」。「私の最高傑作」とまで断言する、渾身の一作にかけた思いと数々の「放言」後の心境の変化を聞いた。

...

記事全文を読む

  • 2016年3月2日 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事