「重力波」観測が先なら「梶田」ノーベル賞はなかった?

IT・科学週刊新潮 2016年2月25日号掲載

 発表から100年――ついに、アインシュタインの“一般相対性理論”を裏付ける成果が挙がった。アメリカの研究チームが昨年9月、重力波の初観測に成功したのだ。

「100年前の宿題を提出したようなもので、ノーベル賞級の業績です」(科学ジャーナリスト)

 あれ? この“初観測”って、昨年ノーベル物理学賞を受賞した、梶田隆章・東京大学宇宙線研究所所長の研究成果を上回るものなのでは? 初観測の発表がもっと早かったら、受賞はなかったことにならない?

「それは大きな誤解です。

...

記事全文を読む