賞金は非課税だという創設115年「ノーベル賞」トリビア

IT・科学週刊新潮 2015年12月17日号掲載

「ノーベルウィーク」に沸くスウェーデンの首都ストックホルム。創設115年を誇るノーベル賞は、アルフレッド・ノーベルの命日12月10日の授与式で最高潮を迎えた。俗に人生は些事(トリビア)から成ると言う。蝟集(いしゅう)したトリビアがあわよくば同胞の人生賛歌へ繋がらん事を。

 ***

 おざなりだ八百長だと、「エンブレム問題」が賞というものの胡散臭さを炙りだし続けたなかで、日本人ふたりのノーベル賞受賞はことに佳話(かわ)であった。

 ストックホルムの12月は、1日に6時間しか日照時間がない。

...

記事全文を読む