「石原さとみ」を脅かす“魔性の唇”戦争

芸能週刊新潮 2016年2月25日号掲載

 生物学上、唇とは哺乳類にのみ備わる器官であり、なかでも万物の霊長たるヒトのみが、内面の粘膜が外側にめくれ出し、強い赤みを帯びているのだとか――。

 エッセイストであり、ヘアヌード評論家の顔ももつ井狩春男氏が唇を語る。

「目は口ほどに物を言う、とは言いますが、唇ともなればその比ではありません。紅唇(こうしん)と書いて美しい女性を指すように、好きな女性に先ずはキスを求めるように、古より男は女性の唇に惹かれるように、遺伝子に組み込まれているのではないでしょうか。

...

記事全文を読む