「安倍総理」が“トイレのため答弁中断”――腸内に“異変”が起きている!?

政治週刊新潮 2016年1月28日掲載

 1月12日に予算委員会が行われた衆議院第一委員室にて、閣僚席についた安倍晋三総理(61)は、3錠の「アサコール」を服用した。「アサコール」とは総理の持病である「潰瘍性大腸炎」の処方薬。“3錠”の服用量は、病状が活動期であることを意味していた――第1次政権内閣発足からわずか1年での退陣を招いた原因だけに、第2次内閣の今も総理の「お腹の具合」は重大関心事項である。官邸担当記者が言うには、「自民党の代議士からも、『安倍さんは、明らかに顔色が悪い』との声が上がっています」。

...

記事全文を読む