伊藤忠「社長続投」宣言に泣いた「3人の候補」

企業・業界週刊新潮 2016年1月28日号掲載

〈定石通りの投手交代で試合は逆転劇に陥った〉。昨年11月開催の野球「プレミア12」で、韓国に逆転負けを喫した“侍ジャパン”。伊藤忠商事の岡藤正広社長(66)は1月12日、その采配ミスを引き合いに出して 全社員にメールで“続投”を宣言した。社内は歓迎ムード一色だが、密かに落胆している幹部もいるのだという。

「当期利益で、初の総合商社トップは確実。岡藤さんの“続投”は当然です」

 こう語るのは、伊藤忠商事の中堅社員だ。

「昨年末、最終的に総合商社トップに立てば“臨時ボーナス”が出ることも決まった。

...

記事全文を読む