死亡リスクは気にしない? 動物も“爆買い”の「中国の動物園」〈世界を股に「動物商」最前線(3)〉飯田守

社会週刊新潮 2016年1月14日迎春増大号掲載

 ライター・飯田守氏がお送りする、知られざる動物ビジネスの世界。第1回では、福岡県・大牟田市動物園のアミメキリン「リン君」の“婚活”をレポートし、第2回では「動物商」である白輪剛史氏へインタビューを行った。 昨年、静岡市・日本平動物園からの依頼で“世界的な品薄状態”にあるホッキョクグマを手掛けたという白輪氏。売却価格6000万円のビッグビジネスとなり、「ホッキョクグマ相場」は跳ね上がったが、それでも中国の動物商は“爆買い”したという――。

 ***

 動物商の生命線は、とにかく「情報」だという。

...

記事全文を読む