ゴリラ1億! ライオン2500万! ホッキョクグマは“品薄状態”〈世界を股に「動物商」最前線(2)〉飯田守

社会週刊新潮 2016年1月14日迎春増大号掲載

 ライター・飯田守氏による動物ビジネスの現場報告。福岡県・大牟田市動物園にいるアミメキリン「リン君」の“婚活”の模様をレポートした前回に続き、第2回ではお馴染みの動物たちの“相場”について紹介する。

 ***

 日本中で子どもや家族連れを楽しませる動物園の野生動物たち。彼らはいったい、どこから誰が連れてくるのか。珍しい爬虫類から大型動物まで幅広い種類の動物を、地球のあちこちから仕入れて来るのが「動物商」と呼ばれる人々だ。

 その中の1人である白輪剛史氏(46)によれば、その価格は個体の生息数に始まり、入手や輸送、飼育の難易度や個体の大きさによって決まるという。

...

記事全文を読む