【SMAP】“私は受け入れましょう”とOKのお返事をしました――〈メリー喜多川 独占インタビュー(1)〉

芸能週刊新潮 2016年1月28日号掲載

「週刊新潮」の記事が発端の一つとなった「SMAP」解散の危機は、1週間に亘って日本中に大きな波紋を広げた。

 その中心にいたのが、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長である。飯島三智マネジメント室長が、メリー副社長の意向に逆らうようになったことが、全ての始まりだったわけだが、洪水のような報道の中、メリー副社長は騒動について沈黙を守っていた。

 1月15日の時点で、「週刊新潮」はメリー氏に、ここに至るまでの経緯、そしてこれからについて、5点の質問を記し、取材を依頼した。

...

記事全文を読む