「菊川怜」参院選出馬を警戒する民主党「蓮舫」

政治週刊新潮 2016年1月14日迎春増大号掲載

 半年後の参院選に向け、早くも腹の探り合いが始まっている。今回から1増で改選数6となった東京選挙区は、あまたのタレント議員を誕生させてきた。前回改選の10年、170万票を得てトップで2選を果たしたのは、民主党の蓮舫議員(48)。その彼女が目下、平常心を失いつつあるという。

「現在自民党は、東京選挙区で中川雅治議員(68)に次ぐ2人目の候補者擁立を画策している最中。対して、6年前に小川敏夫元法相(67)も70万票近くを得て4位に食い込んだ民主は、引き続き2議席を死守したいところです」(政治部デスク)

...

記事全文を読む