紅白本番前“松田聖子によろしく”と「イノッチ」に告げた「郷ひろみ」

芸能週刊新潮 2016年1月14日迎春増大号掲載

 紅白歌合戦の本番前には、司会者と全出演歌手との面談が行われることになっている。今回の紅白では、その「司会者面談」での何気ない一言で、周囲を凍りつかせた出場歌手がいた。郷ひろみ(60)だ。ちなみに面談に出席したのは、歌手とその事務所の関係者。それから白組司会の井ノ原快彦、紅組司会の綾瀬はるか、総合司会の有働由美子アナ(46)に、NHKの紅白担当上層部など。もう1人の総合司会、黒柳徹子(82)は参加していなかった。

 面談は通常、各歌手5分から10分程度の短いものだが、郷の前の美輪明宏(80)の面談が、

...

記事全文を読む