「古閑美保」の愛情が深すぎて「新恋人」が練習グリーンでイップス!?

エンタメ週刊新潮 2015年12月31日・2016年1月7日新年特大号掲載

〈ひとつ山越え もひとつ山越え あの山越えて私ゃあんたに惚れとるばい〉。地元の民謡「おてもやん」に唄われるように、熊本出身の古閑美保(33)も一度男を好きになったら、どんな山でも越えて逢いに行くタイプなのだろう。時に、グリーンに入り込んで顰蹙(ひんしゅく)を買ったりするけれど。

 ***

 ダルビッシュ、西岡剛と浮名を流してはフラれてきた古閑が、新恋人との半同棲を報じられたのは2015年6月。女性誌の“直撃”に、彼女は付き合っていることを嬉しそうに認めていたが、そのお相手がプロゴルファーの小平智(26)である。

...

記事全文を読む