宮内庁記者たちが胸騒ぎを覚えて……老いを告白された「天皇陛下」絶句15秒間の異変

社会週刊新潮 2015年12月31日・2016年1月7日新年特大号掲載

 時に饒舌(じょうぜつ)よりも沈黙が、雄弁に「何か」を物語ることがある――。82歳になられた天皇陛下が、お誕生日記者会見で突如、絶句される一幕があった。この「アクシデント」は何を意味しているのか。自ら老いに言及された陛下にとっての、「戦後70年の年」の検証。

 ***

「今年は先の大戦が終結して、70年という節目の年にあたります」

 皇居内の「石橋の間」で、天皇陛下はゆっくりと、そして聞く者の胸に染み入る独特のトーンで話されていた。

「この戦争においては、軍人以外の人々も含め誠に多くの人命が失われました」

...

記事全文を読む