株式市場暴落よりも深刻 「技術ドロボー」中国の本質的リスク

中国

 上海の株式市場の暴落が世界経済に大きな影響を与えている。中国政府は市場介入で株価を維持しようと躍起だが、その結果はまだ見えない状況だ。

 しかし、中国経済には株価以外にも根本的な問題がある、と指摘するのは、長年中国ビジネスに携わってきた松原邦久氏である。松原氏は自動車メーカー・スズキの北京事務所首席代表などを務めた人物。その経験をもとにした近著『チャイナハラスメント 中国にむしられる日本企業』の中で、松原氏は新しい技術を生むことができない中国の「病」を指摘している。

...

記事全文を読む