プルシェンコも真似できない「羽生結弦」に凄い技術がある!

スポーツ週刊新潮 2015年12月10日号掲載

 今年の「NHK杯」は、まるで羽生結弦(20)のために開かれたかのようだった。彼が今大会、叩き出したポイントは「皇帝」プルシェンコ(33)の記録をも大きく上回る世界最高得点。ケガに手術と不遇つづきだった羽生が「皇帝」を超えた「技術」とは。

 ***

 羽生が今大会マークした322・40。これが、いかに凄いかを説明するためには、フィギュアの複雑な採点法を少々知る必要がある。

「技には一つ一つ難易度に合わせて基礎点があり、その完成度によって得点が加算されます。

...

記事全文を読む