最高益で“初の年間王座”が見えてきた「伊藤忠」

企業・業界週刊新潮 2015年11月19日号掲載

 早起きは三文の得。5年前、伊藤忠商事の社長に就任した岡藤正広氏(65)は、社員に“朝型業務”を推奨して業務の効率化を図った。結果、莫大な利益を会社にもたらし、初の業界トップの“栄誉”まで見えてきたのだ。果たして、落とし穴はないのか。

 大手商社の2015年度中間決算が出揃った。注目すべきは、最終利益の予想額だ。“王者”三菱商事は1549億円で、三井物産は1306億円。そして伊藤忠商事が2127億円で、過去最高益を更新した。

「これで三菱商事は、来年3月期決算で16年ぶりに陥落し、伊藤忠商事に首位の座を明け渡す公算が高くなりました」

...

記事全文を読む