「就活」再見直しで問われる「経団連会長」の識見

企業・業界週刊新潮 2015年11月5日号掲載

 右へ行くべきか、左へ行くべきか。人生には幾つか重要なターニングポイントがある。その最たるものは就職活動だが、いつ始まり、いつ終わるのかが、大人の事情で色々変わる。今年、日本経済団体連合会は“就活”スケジュールを大幅に変えたが、再び変更するというのだ。

 就活の日程は、昨年度まで大学3年生の12月に企業説明会が開始され、面接などの選考は4月に実施されていた。それを今年は企業説明会を3月に、選考を8月に先送りするルールが敷かれた。全国紙の経済部記者が経緯を説明する。

...

記事全文を読む