USJが“転売チケット”無効に踏み切った暴利事情

企業・業界週刊新潮 2015年11月5日号掲載

 どんなチケットでもその転売は、各都道府県の迷惑防止条例で禁じられており、量刑は6カ月以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられる。警察当局は暴力団の資金源の1つと見ているが、ネット上のオークションサイトは増加する一方。そこでユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が転売防止対策に乗り出したという。

 USJは、11月1日からネット上で転売されたチケット『エクスプレス・パス』などを無効にすると発表した。このパスがあれば2~3時間待ちのアトラクションでも、10~15分での入場が可能。

...

記事全文を読む