自動車関税は15年動かない“まやかし”TPP

企業・業界週刊新潮 2015年10月22日号掲載

 ついに、世界最大の“自由貿易圏”が産声を上げた。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)は10月5日、加盟12カ国の閣僚会議で“大筋合意”に達したが、その中身を知った自動車業界の関係者たちは失望の色を隠さなかったのである。

 自動車分野の主な合意内容は、米国が完成車の関税2・5%を段階的に撤廃し、部品は8割以上で関税2・5%の即時撤廃。これに甘利明TPP担当相は“一定の成果が出た”と胸を張ったが、

「関税撤廃は、“まやかし”でしかありません」

 こう憤るのは、自動車部品メーカーの幹部だ。

...

記事全文を読む