起訴は決定で中国「スパイ裁判」はどう展開するのか?

中国週刊新潮 2015年10月15日神無月増大号掲載

 悪法もまた法なり、とはよく言ったものである。目下、スパイ行為の疑いで逮捕された邦人2人を待ちうけるのは、中国の“悪法”による刑事裁判なのだ。すでに起訴が確実だという彼らの今後は、どうなるのか。

 ***

 そもそも、今回の逮捕の背景には、中国の「反スパイ法」がある。

「容疑については発表されていませんが、昨年11月に制定した“反スパイ法”を適用したようです。習近平政権になってから、民族主義を煽り、共産党体制を脅かす存在を除去する姿勢が強まっていた。その一つが、西側諸国の外国人を取り締まること。

...

記事全文を読む