企業が悲鳴を上げる「ココロの健康診断」義務化

企業・業界週刊新潮 2015年10月8日号掲載

〈職場の雰囲気は友好的ですか?〉こんなことを聞かれたら、あなたは何と答えるだろうか。むろん、返答に躊躇する人は少なくないはずだが、早ければ11月からこの質問に答えなければならない。しかも、会社で回答を求められるのだ。

 患者数100万人と言われる鬱病。厚生労働省によれば、2014年度に鬱病など心の病が原因の労災申請は、1456件で過去最多だった。そこで職場対策として始まるのが『ストレスチェック制度』だ。全国紙の厚労省担当記者の解説では、

「ストレスチェックは、昨年6月に労働安全衛生法が改正されて12月に施行される“法律”です。

...

記事全文を読む